2019-06

禅語 莫妄想

まくもうそう と読みます。 妄想すること莫れということになります。 これも今を生きているかということを説いている考え方かと思います。 要するに自分の中に悩みを膨らませるなということです。 過去にくよくよしたことで、いろんなことが頭の...
未分類

禅語 百不知百不会

ひゃくふちひゃくふえ と読みます。 何もわからない、何も理解していないということです。 ??? よくわからないです。 みたいな言葉ですが、何かを知っているということも何も知らないということも禅の世界では同じということです。 無知の知...

自分をどう見ているかと他人をどう見てるかは結びついている

以前会社でスタッフの1人と話をしました。 評価に関することですが、私は自分がどうだったのかと自己評価してもらいました。 ここで、考え方の違いがあってネガティブなフィードバックをもらいました。 それをどう受け取るか。聞きたくないことは聞か...

無と有は一体。対極でもなければ反対のことでもおりません。

一人の人の中にはすべてが存在していて、別々では存在しえないということでしょうか。 自分の中にも全ての要素が入っています。優しさ、暖かさ、冷淡、厳しさ。 合理性も非合理性も一体であって、心の温かいひとも、冷たい人も別々では存在しえないというこ...

座禅は悟りを開こうとするためのものではない。本来目的すらないものです。

座禅を数人で行う機会があります。 いろんな人とそういう時間を共有できるのはとてもいい経験だと思います。 感覚の違いや捉え方の違いがわかります。あらためて違うとことが大事なんだと思いました。 いろんなセミナーや勉強会もいいんですが、座禅とい...

偏見はなくならないけど、偏見を持ってみてるという自覚はできる

7つの習慣でもでてきますが、人はだれでも自分なりの色眼鏡でもって世界をみています。 それが個性という事かもしれません。 ただ自分の色眼鏡が曇りがないものだと信じているから、コミュニケーションでギャップやトラブルが発生するのです。 私もいろ...

禅語 勢い尽くすべからず

いきおいつかいつくすべからず と読みます。 絶好調なときほど、自分の足元を確認して物事を進めていくことが大切だという事です。 よく似た意味合いで、 失意泰然 得意冷然 という言葉を聞いたことがあり、大事なことだなと思った事がありま...

禅語 遍界不曾蔵

へんかいかつてかくさず と読みます。 世の中はなにも隠し事をしていない。真実が見えないのは、自分の目が曇っていたり、心が閉ざされているから。 だから、大事なのはよく見る、よく感じるということです。あるがままをみる。あるがままを感じる...

禅語 平常心是道

びょうじょうしんぜどう と読みます。 平常心とは日々の当たり前のことを積み重ねていくということです。 当たり前のこととは、起きて座って食べて寝てということでしょうか。 それ以外にも日常的に当たり前に行っていることはたくさんあります。そ...

禅語 春は花 夏ほととぎす 秋は月 冬雪さえて 冷(すず)しかりけり

これは歌ですが、道元禅師のものです。 それぞれの四季に真実の姿があります。自然が本当の姿を表現しているように、私たちは自分の本当の姿を表しているでしょうか? 本当の自分とは? 好きなものは?嫌いなものは?胸がたかなるものは?面白いと...