違反切符を切られる。注意だけでいいんではと思うが、それも虚しく

オーストラリア周遊記

4月7日
朝眼が覚めると、まだ少し雨が降っていたが、これ以上ここにいても仕方がないので、思い切って出発することにした。9時にチェックアウトを済ませて出発するころには小雨になっていた。

メルボルンの町を抜けるのに少し迷ったが何とか8号線に入ってGranpianナショナルパークに向かった。

寒い、むちゃくちゃ寒い。やれることはやろうと考えて、ジャージを着こみ、さらに靴下を2枚にして再出発。

しばらく走っていると警察に止められている車を横目に見ながら何をやらかしたんだろうとか思いつつ、自分は関係ないしとか思いながら通過した。

すると、今度はそのパトカーが自分のバイクの後ろについてストップせよと言っている。???意味が分からずも止まらないと仕方がないので止めた。

何も悪いことはしてないんだけど。

警察官にどういうことなのかと聞くとナンバープレートが車検証のケースに隠れていると言われた。これで$110の罰金。わざとではないし、ケースで少し隠れていただけなので抗議した。

当然聞き入れてもらえずに違反切符を渡されて笑顔で去って行ってしまった。まじですか?

28日以内に支払うようにとのことです。

めちゃくちゃ悔しかったけどどうにもならないので出発した。目的地点まで10km程足りなかったけど雨がきつくなってきたこともあり、スーパーによって鳥のフィレ肉とティムタムとついにお酒を解禁。ジムビームを買ってうっぷん晴らし。

お金もないのにとかはもうどうでもよろしい。少しやけになっている。

ちなみにブッシュキャンプで一人宴会を決行した。

国道のわきに少し入った所。

このナンバープレートの左上のケースがプレートにかかっていて見えなかったとのことです。注意だけでええんちゃうん?

コメント