禅語 知足

ちそく

と読みます。

 

足るを知る。ということです。

これはよく聞く言葉ではないでしょうか。禅の言葉らしい感じもします。

 できそうで出来ないように思います。

 

自分の状態がいい時はいいけど、何か自分に対しておきた時や思うようにいかない時に、本当にそう思えるのか。

 

ここですね。大事なのは。

 

ただ、不足感を我慢するのとは違います。それだと足りてないのが前提。

 

すでにあるものに気づくと、楽にゆるく生きられます。

 

幸せになるということが、人の生きる目的なら、すでにある幸せに気づくだけで、人生って好転していくんです。

コメント