禅語 山は是山、水は是水 他人との比較は暇な人のすること

やまはこれやま、みずはこれみず

 

と読みます。

 

それぞれの本分があり、山が水になろうとしてもなれないし、逆もまた然りです。

 

自分の中でも相反する部分があったりします。どれが本当の自分なのだろうかと?

 

それこそ他人が素晴らしく見えて自分のことを卑下してしまったりすることはないでしょうか?比べちゃいますよね、ついつい。

 

ただ、どんな自分であっても自分は自分だし、自分に今できることをする以外に、前に進む方法はないわけです。

 

どんな状況でも、自分がどんな環境に置かれていても、いま自分ができることをする以外にないわけです。待つというのも自分の選択です。

 

漫画のスラムダンクにこんなシーンがありました。3ポイントシューターの三井が終盤の体力限界のところでの彼の言葉です。

 

自分にできることに集中した時に、俺のできることはなんだと自分で問いかけます。

 

スラムダンクはそれぞれ5人の個性あるキャラクターが活躍する漫画ですが、最強の敵山王工業に彼らは自分のできること得意な部分を存分に出すことで王者勝ちます。

 

自分の持っているものを伸ばして、いまある武器を最大限に使う。そして今できることをやること、これが大切なポイントです。

今できることを考えて実行する。

 他人と自分を比較して、劣等感を持ったり、優越感を感じてる暇はない。

 

コメント