正見 物事を正しく見る

現実を受け入れる。ジャッジしない。

 

物事にはいいも悪いもない。

 

ですね。うまくいかない時は、うまくいかないように現実を見ている。

そんなことない、と言いたいでしょう。

現実の見方が正しいと思っている間は、その見方からは抜け出せません。

 

その現実を正しいと思おうとして見るのか、判断を外してありのままで見ようとするのか。

正見。正しく見るです。

 

その見方を変えることこそが、自分を変えるということ。

 

それが難しい。

 

なのでいろんな角度から見れるように、環境を変えて見る。いろんな知識を仕入れる。情報を入れる。素直な心で。

特に環境を変えるのは効果があると思う。同じところから見続けると同じように見えてしまうから。

 今まで見えなかったものが見えてくるかもしれません。

コメント