救世主あらわる

オーストラリア周遊記

9月7日

太陽が十分に昇ってから起きて朝食をとった。そこからはさっさと準備を済ませて出発した。しかし50kmくらい進んだところでパンク。昨日からこういう感じの連続できつい。

アスファルトの路肩を見つけて、修理をして再出発。ゆっくりと進んでいく。

エリオットでオイル交換をしようとしたけど、オイルがないので次へ進む。ドュマーラにもなく、次のDaly Watersは想像よりはるかに小さい町で、もちろん手に入らなかった。

ここにはノーザンテリトリー最古のパブがあった。

次の町、LarrimahでシェルのSport4を発見。しかし、店のおやじにここではできないと言われ、オイルだけ買ってレストエリアでオイル交換をした。ところが、ここでまたパンクしていることがわかって修理を始めた。

そこへパースから来たというオージーのカップルが来て、ビールとサンドイッチとフルーツをご馳走してくれた。パンクしてくれたおかげや。ありがたいことだ。

そこで2箇所修理をしたんだけど、別のところからも漏れてくる。もう、訳が分からず修理をやめて空気を入れてなくなったらまた入れるという大胆な作戦に切り替えた。

そんな感じで走ってなんとかマタランカまでたどり着き、今日はここで泊まることに決めた。温泉に入って復活。さて、これからどうするか。とにかく前に進むことが大変になって来た。30kmくらいしか一回に進めない。

夜、テントで手紙を書いているとオージーと日本人がきてパブで飲もうと言ってくれたので、一杯だけご馳走になった。その夜に、パブで知り合ったオージーのマークとフィルと日本人のカツオの三人で夜の温泉に行った。

マークとフィルから明日キャサリンまでトレーラーにバイクを乗せてやると言われたので、甘えて乗せてもらうことにした。本当に助かった。みんな優しい。

コメント