手段と目的は一致しないといけない

「平和への道ない・・・・・・・・・」

 

この後に言葉が続きます。平和に至る道はないとはどういうことか?

 

もし平和を実現したいなら、そのプロセスが平和でなければならないということです。

 

そこに向かう1歩ずつが、平和の要素をもっていなければ、真の平和は実現しないということです。

 

どういうことか?

 

平和に至る道において人を銃で殺したり、爆弾を落とさなければならなかったりするとしたらそれで平和な状況をつくれたとしても、平和ではないということ。

 

平和のための戦争などはありえないということになります。

 

だから争いが絶えないのかもしれません。争いののちに得た平和なら、その中に争いの種が存在するのでまたその種が芽を出すということでしょうか?

 

同様に幸せも同じことが言えます。

 

幸せに至る道の途上にあるということであれば、そのプロセスそのものが幸せであるべきです。目的と手段は一つということになります。

 

平和も幸福もすでにあるということになります。

それに、気づくだけです。

 

コメント