廃屋発見。おかげで屋根の下で寝れた

オーストラリア周遊記

10月30日

昨夜はボーダー(州境)で泊まって、朝は朝日が完全に昇るまで寝ていた。起きたのは8時くらいか。カロリーメイトを食べて出発した。

インディアンパシフィックとクックで会えるように走っていたけど、手前の50kmのところで来てしまった。残念。

クックに到着。まずはガソリン。レイルウェイで唯一ガソリンが手に入る町なので、ここで買わないわけにはいかない。最初Super(ハイオク)しかないと言われ、それでいいと言ったんだけど、別のおじさんが来てLeaded(有鉛)もあると言われてそちらを買うことにした。

ドラム缶に入っているのを手動のハンドルで回してタンクに入れた。

距離感覚が滅茶苦茶・・・

昼も過ぎていたのでクックで昼食をとってから再出発。まだまだ走る。しばらくは岩が多いところを進んでいたけど、それが終わるとフラットなダートに変わる。その後にだんだんと木が立っているエリアに入って砂丘の間を走ることになった。

止まった時に一度こけたけど、砂としてはそれほど深くない。これまで走って来た砂のダートに比べると大したことはなさそう。オーストラリアデビューの素人ライダーがそんなことを思うようになるとは。感慨深い。

岩のエリアもそろそろ終わり。

こんな何もないところでこけるとは・・・

夕方、空き家を見つけてそこで泊まることにした。タルクーラまでは100kmくらい。このまま進むと明日にはレールウェイは抜けれる。

テントを出さなくて済んだ。

コメント