利益とは

利益

 

通常はりえきと読みますが、禅語ではりやくと読みます。他人に利することで、利他とよく言いますが、自利利他は最初に自利があっての利他です。

とはいっても最初から自分の利を考えて行動するとギブアンドテイクであるテイクの部分を意識して行動してしまい、テイクがないと不満に思ってしまったり、損したと感じてしまって、これでは何にもなりません。

 

本当の所の利益(りやく)を考えるなら、ギブアンドギブアンドギブです。

 

なかなかできませんが、こういうことなんだと思います。自分の身を犠牲にしているようで、そうではないのです。こういった生き方で周りに貢献していけるようにとは思います。

 

禅の修行はよりよくする、よりよくなるということに真髄があるということで、いい人間がいいのではなくその人が、自分はいい人間だと思ってしまったらそれは違うと。その場から少しでもよくなろうと生きることで、修行をすることが大切だと言います。

 

少しでも利益を考えて行動できるように日々意識していきたいとおもいます。

コメント