先の見通せない時代をどう生きるか

結論から言うと

 

先の見通せないのは今の時代だけではないのでは?

 

未来が見えないのはどの時代でも同じです。

 

「怒らない 禅の作法」

枡野俊明著

 

の中に、先が見えない時代をどう生きるかを書かれた一文があります。

 

見通せないのは戦国時代でも幕末でも同じ、変わらない時代はないわけです。だから、禅の教えが長い時代を超えて受け入れられているんだと思います。

 

どんな激動な時代でも、一定度合い安定したように見える時代でも、幸せに生きて生きたいと思うのは変わらないんだと思います。

 

自分の世界の見方がどうかで、自分の生きる世界が決まります。今この瞬間をどう生きるかの連続が人生です。

 

過去に何があったとか、未来がどうかと考えるより、今何ができるか、何をやっている時が充実しているのかを感じて生きることが大切だということです。

 

過去はデータ、未来は希望。今どうするだけです。

コメント