お金を稼ぐのも大体の人は手段

手段と目的を履き違えることはかなり多いです。

 

世の中のこうあるべきだなどで常識になっていることが、手段であることは多いです。それが満たされないと、目的が達せられないということではないです。他にも可能性はあるということです。

 

私も世の中のレールに乗って生きてきたように思うので、偉そうなことは言えません。

今は多少なり、当たり前だと思っていることに従っているだけだと、可能性は限りなく小さくなってしまうということを気づきました。

 

小さい頃はスポーツが好きで、やりたいことをやってました。もちろんそれだけというわけではなく、勉強も多少はしていたと思う。

 

中学では高校に進学することを疑うことはなかったので、そのまま高校へ。その時点ではすでに大学にいくこともインストールされていて特に疑問も持たずに、大学に行った。

 

まさに順風満帆の常識人で、それはそれで良かったんだけど、大学卒業の時に転機がきた。

それはそれまでストレートに進んできた自分に就職が決まらなかった、というより就職活動をやめてしまった。

 

で、何も考えずに思いのままにオーストラリアにワーホリへ。この一年が自分の中のあたり前を少し変えてくれたように思う。

 

いろんな人が居て、いろんなことで喜んだりして。ここが今の自分にとっては原点。

 

だけど、それくらいの経験をしなくても常識を疑って行動することはできるはず。

 

手段にとらわれず、目的を考えて行動してください。幸せになるという人生の目的を達成するために。

コメント